ホットヨガの基礎知識

ホットヨガlavaが注目 ホットヨガの感想&効果とは?

「ホット」な環境で代謝が高まると、
カラダのすべてに良い影響が!
温めで 代謝UP!
大量の汗で デトックス効果!
好循環で体質改善!
LAVA会員様の98%が効果を実感!
↓↓↓↓↓  ↓↓↓↓↓

   ホットヨガとは

 

ヨガには様々な種類の方法があります。その中でも『ホットヨガ』と呼ばれるヨガは、ビクラム・チョードリー氏考案のヨガで、普通のヨガと大きく違うポイントは高温多湿の環境の中で呼吸法と「ハタ・ヨガ」というヨガポーズを組み合わせて行われるスタイルのヨガのことを言います。

 

もともとはビクラム・チョードリー氏が「ビクラム・ヨガ」としてスタートさせ、日本が発祥の地と言われています。

 

日本はインドに比べて寒くて湿度も低かったため、インドと同じ環境で行おうとされたのがホットヨガが始まったきっかけの様です。

 

   ホットヨガ特徴
 
ホットヨガは室温40℃前後から50℃前後で、湿度約60%の環境の中で、
種類の呼吸法と26種類のアーサナ(ヨガのポースのこと)を組み合わせて行います。最近では岩盤の上で行われるヨガなどもあります。

 

  ホットヨガのポイント

 

人工的に室温と湿度を「高温多湿」にした環境を作りホットヨガを行います。

 

部屋を暖める方法として、ストーブやヒーターの暖房器具、岩盤浴用の岩盤、加湿器、温度計、空調設備などが整えられた室内で行われます。

 

これは中々自宅で行うのは難しいので、スタジオなどのレッスンで習う方がほぼです。

 

スタジオレッスンであれば、きちんと決められた基準の室内環境でホットヨガを安心して習うことが可能です。

 

■水分補給が大切
高温多湿の環境下のなかホットヨガは行われますので、体が硬い人でも通常にストレッチするより柔軟に筋肉をほぐして、正確なヨガのポーズをとることができる用意なります。

 

ホットヨガは1回のレッスンなどが1時間から1時間半位の時間が必要で、約2リットル以上の汗をかくと言われています。

 

ゆっくりポーズをとるだけでかなりの汗の量になるので、レッスンやヨガ中は十分に水分補給ほしましょう。

 

最低1リットル位は飲んで体に水分を戻して循環させながら行いましょう。