ホットヨガの方法

ホットヨガlavaが注目 ホットヨガの感想&効果とは?

「ホット」な環境で代謝が高まると、
カラダのすべてに良い影響が!
温めで 代謝UP!
大量の汗で デトックス効果!
好循環で体質改善!
LAVA会員様の98%が効果を実感!
↓↓↓↓↓  ↓↓↓↓↓

   ホットヨガの方法 〜準備〜

 

ホットヨガは室温40℃前後(施設によっては50℃近くの教室もあるといいます)で、湿度約60%の環境の中で、
2種類の呼吸法と26種類のアーサナ(ヨガのポースのこと)を組み合わせて行います。
始めから26種類全て正確にできる人は少ないと思いますので、1つ1つ正確なポーズの取り方と、呼吸方法を学びましょう。

 

    最初の呼吸方法

 

2つある中の1つ目の呼吸法で『スタンディング ディープ ブリージングStanding Deep Breathing』(1つ目の呼吸法)とよびます。

 

これは26種類のヨガのポーズをとっていく為の大切なウォーミングアップ運動です。

 

立ったまま行うウォーミングアップヨガです。立つポーズをとり10回を2セット行いましょう。

 

    ポーズの準備

 

@ 両足かかとをつま先をそろえ、背筋を伸ばし立つ。
A 両掌を下にして手を組み、親指をのどにつけ、あご下に組んだ両掌を置き、顎を引く。
B 両膝を中心に向かって離れないようくっつけ、お尻の穴をキュットしめます。
C 重心はかかとに、後ろに倒れそうなくらい。
D 両肘は体につけ、肩の力を抜く。
E 始める前に息を吐きだします。

 

   ポーズ開始

 

◇ インヘイル inhale=息を吸う
・6秒数えながら鼻から息をゆっくり吸いながら、両肘をしっかりと高く持ち上げる。
・息が吸えないまでめいいっぱい吸い込んだら息を止める。
※point:両肘を持ち上げた時に指をほどかない様に、胸をしっかり持ち上げ、肺いっぱいに空気を入れて膨らませること。

 

◇ エクスヘイル exhale=息を吐く
・6秒かけながらゆっくりと口をあんぐり開けて息を吐きだしながら、頭を後ろに倒しながら、両肘は前で閉じます。
・息を吐ききり、手のひらはあご前下でしっかりつけ、肘は高い位置にキープしつつ、頭を後ろに完全に倒して目線は天井へ。
point:息を吐くときに両肘を突き出し吐き切る、イメージは肘が肩より上にくるイメージ。

 

ここまでが1セットで2回ウォーミングアップを行いましょう。