ホットヨガ 効果とデメリッ

ホットヨガlavaが注目 ホットヨガの感想&効果とは?

「ホット」な環境で代謝が高まると、
カラダのすべてに良い影響が!
温めで 代謝UP!
大量の汗で デトックス効果!
好循環で体質改善!
LAVA会員様の98%が効果を実感!
↓↓↓↓↓  ↓↓↓↓↓

ホットヨガを始めたいあなたへ!

最近【ホットヨガ】ってよく聞きませんか?!

 

10年ほど前にテレビCMでよく出ていたと思うんです。
激しい運動ではなく静かで落ち着いた動きの中に、躍動感があったりじわ〜っと体が温まるような感じが受け取れましたね。

 

それで最近またまた流行っているのかもしれませんね。

 

そんなホットヨガに関心を持って、これから始めたいと思っているあなたに、ヨガの歴史や効果などについて知っていただきたいと思います。

 

ホットヨガと聞くと、最近できた言葉だと思っていませんか?実はホットヨガは、歴史的に古く、40年以上も前から存在しているのです。ということは、40年前に誕生したのかと思われたかもしれませんが、ホットヨガ自体の思想は、もっと前から存在していたのです。

 

ヨガに詳しい人ならば、インドで誕生したのではないかと推測するかもしれませんが、ホットヨガに関しては日本なのです。

 

ホットヨガが、どのような経緯で誕生したのかというと、冬の季節は寒いので、スタジオにストーブを持ち込んで実践したことがきっかけだと言われています。

 

室内でストーブをたいた結果、非常に部屋があったかくなり同時に体もあたたまったのです。すると、冬の寒さで冷えた体がストーブのあたたかさで、筋肉がゆるんで、のびのびとヨガを実践できていることに気がついたのです。

 

そのことに気がついた先生が、ヨガの呼吸法と高い温度の環境を利用してホットヨガというものを編み出したのです。

 

このヨガの方法を編み出したのは、カルカッタ生まれのインド人の方なのですが、その方が、ホットヨガを日本で編み出し世界中に広めたのです。偶然から編み出されたヨガの方法ですが、多くの方が実践しています。

ヨットヨガの効果って本当にあるのですか?

ヨットヨガの効果?

ヨガにはたくさんの種類があり、それぞれ手法は様々です。

そのヨガの中でなぜ『ホットヨガ』が良いのでしょうか?

 

ホットヨガを実践すると際、どのような効果があるのでしょうか。
色んな角度にスポットをあててみてみましょう。

 

 

 美容効果
ホットヨガは室温40℃前後から50℃前後、湿度約60%の環境の中で、2種類の呼吸法と26種類のアーサナ(ヨガのポースのこと)を組み合わせて行うヨガです。

 

動きはゆっくりとしていますが、その汗の量は約1時間から1時間30分の間で2リットルほど出ると言われています。その為に『ダイエット効果』『美肌効果』『健康促進』『老廃物を排出=デトックス効果』が期待できると国内だけでなく、外国の女の方に幅広く人気があるのがこの『ホットヨガ』です。

 

 

■ ダイエット効果

1回のホットヨガレッスンで2リットルもの汗をかくといわれているので、動きの割に代謝はかなり高いと言えます。

 

普通に30分ランニングしても汗はそんなにかけないので、効率的に汗をかける点ではホットヨガは最適です。
体内の温度が上がることで、代謝が良くなります。代謝が良くなると、不要な脂肪は体に蓄えずに燃焼します。

 

 

■ 美肌効果

発汗量はかなり多いので、体内の老廃物を外に出すデトックス効果は絶大です。
 老廃物を体外に出すことにより、血流がよくなり、リンパの流れも良くなりますので肌もすべすべで、ハリのあるお肌を保てます。
 よってアンチエイジング効果が期待できます。
 ヨガの呼吸法で酸素が全身にいきわたりますので、体の酸化を防ぎます。

 

 

■ 健康促進
 ホットヨガを行うと大量の発汗をすることで、体に溜まった毒素が抜かれるデトックス効果が表れ、新陳代謝を高めます。新陳代謝が上がることによって、血液の循環が良くなり、体温が上がることで、免疫力がアップするので健康な体を作れます
 血行が良くなるので、体のむくみや冷え性や肩こりが改善されます。

 

 

■ ストレス解消・リラックス効果
  ホットヨガを行って大量の汗を流し体を清めることによって不断にない爽快感を味わうことが出来ます。
  またヨガの呼吸法でゆったりとした時間を持つのでリラックスすることが出来ます。
  「爽やかさ」と「心のゆとり」を得ることのできる貴重な時間だと言えますね。

 

 簡単に見ただけでも以上のような効果が見られます。
 世の東西を問わず多くの女性方に人気がある理由がわかるようですね。

ホットヨガのデメリットも考えてみました。

身体にいいことしかないと思われがちな『ホットヨガ』、女性に大人気なんです。

 

10代から60・70代の方々まで年齢問わず低年齢から高年齢の方まで大変な人気があります。

 

そんなホットヨガですが、気を付けなくてはいけないデメリットがありますの3つで紹介したいと思います。

 

 

■ ホットヨガのインストラクター免許がない

 

ホットヨガのインストラクターは免許や資格がありません。

 

それは明確な資格基準や試験などがない為で、事によっては素人の人が見様みまねで今日から教えることも可能です。
その為、インストラクターによってレッスンの内容や質に差が出てしまう事もあるようです。

 

インストラクターの中には運動療法や解剖学など様々な勉強をしたり、資格を持っている方もいれば、そのような知識や免許を全く持っていない方もいます。

 

その為にも、ホットヨガを習う時に気を付けたいのは、どんなインストラクターが教えてくれて、また自分に合っている内容なのかを知ることですね。

 

安心できるホットヨガの教室で習うことが一番です。

 

 

■ 関節炎や筋を痛めてしまう可能性

 

ホットヨガは高温多湿の室内で行うので、日頃より大いに体が温まったり、しなやかになっています。
筋肉などの筋は温かくすると伸びるメカニズムになっています。

 

熱く湿度の高い室内で脳も少し鈍くなって(?)、痛みを感じず普段より余計に筋の限界を超えて伸ばして痛めてしまう可能性があります。

 

長年ストレッチなどを行っている人は痛めにくいですが、体が硬くて始めたばかりの方は痛めやすいので、自分は自分のペースでヨガを行いましょう。

 

 

■ 大量発汗による影響で脱水症・熱中症にかかってしまう可能性

 

真夏の運動と考えればわかりますね。、高温多湿の中で運動をするのは注意が必要です。
ホットヨガは室内であっても高温多湿の環境下で行います。

 

更に、体温が上がってかなりの量の汗をかきますので水分補給をマメにしないと脱水症状になってしまう可能性があります。

 

1回のレッスンで1リットルの水分補給が必要になりますので、必ず水分補給は行いましょう。

 

また、始めから頑張りすぎずゆっくりと行いましょう。
暑くてつらい場合は熱中症にかかることも考えられます。
無理せずスタジオの外などにでて休憩しましょう。

ホットヨガの室内の温度は何度?

ホットヨガ,効果,デメリット,スタジオ,比較

ホットヨガを実践するのであれば、室内の温度が何度になるのか気になるところでしょう。室内の温度は、38度〜39度になります。ちなみに湿度ですが、60%〜65%程度です。そのような、発汗作用の高まる状況の中で、体を柔らかくしながらヨガのポーズをとるのです。

 

この室温の中で、ヨガを実践すれば、最初に代謝が上がります。代謝が上がることによって、血液の循環が改善され、老廃物が排出されていくのです。そして、リラックス効果があるという方もいるので、日頃仕事で疲れている方は、ヨガのポーズをとることで、疲労をとってみてはどうでしょうか。かなりリラックスできるのではないかと思います。


今「はっ?!」としませんですか。。ヨガをやってみようかななんて考えた方が、いるのではない

でしょうか?どこでヨガをできるのかについてですが、自分で実践する方法とインストラクターの指導の元、ヨガを行う方法があります。

 

ヨガのインストラクターの先生ですが、全米ヨガアライアンスに認定された研修を受けている方もいるようなので、どのような先生を選ぶかによって、受けられるサービスも変わってきます。

 

インターネットを見れば、口コミを見ることができますので、あなたの近場でヨガ教室があるのであれば、調べてみてはどうでしょうか。教室に通わなくても、本やインターネットで調べれば、独学で実践することができます。

 

ヨガのやり方も様々で、ストレッチのようなものも存在しますので、まずは、それから初めてみてはどうでしょうか。実践する時間ですが、もしかしたら、1時間などをイメージされているのではないでしょうか?ヨガは、数分で済ませることができるので、空いた時間に自分のペースで実践すれば良いのです。

 

寝る前や朝起きた瞬間や、暇な隙間時間に手軽に実践するだけで、体の調子も変わってきますので、しっかりと気軽に実践していきましょう。